2017年12月6日水曜日

受給者証はやっぱりもらえなさそう

カメラから1週間。
生検を取ったことによる出血もすっかりと止まり
お腹の調子も良いです。

それから特定疾患の受給者証の更新にも行ってまいりました。

病院でも聞いてみたのだが、やはり治験を受けていると、
こちらが払うお金は大幅に減り、ほとんど医療費がかかっていない状態に
なってしまうため、受給者証をもらえない可能性が高いようだ。
実際、他の治験の患者さんでも受給者証をもらえない人が多いと聞かされた。

ちなみに治験自体は受給者証をもらえなかったとしても続けられるそうなので、
この先1年くらいはUCの治療は続けられそうだ。
治験終了後、悪化してしまうとまた新規で申請ということになってしまうね。

役所でも聞いてみたが、症状なども含め判断するからわからないが、
医療費だけで言えば認定の基準は満たしていないので、、、
と、言葉を濁された。ニュアンスとしては多分無理だろうという感じでした。

いずれにしても連絡は来るそうなので、期待しないで待ちたいと思います。

新規で申請するといろいろと面倒だった記憶もあるが、
初めての申請から15年もたつわけで、長いことUCと付き合っているなぁ。
と、変な感慨もあったりして。

まぁ先のことはわかりませんね。

まずは目の前の冬期講習を乗り越えなければならないのです。
生きて乗り越えられるかなw

ランキング参加中です。クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ





ブログトップへ

2017年12月2日土曜日

空回り

この記事を書き始めたのが23時59分ですw
よって、12月の連続更新記録は早くも終了ですw


さて、カメラから1日あけました。
昨日は鎮静剤の効果や疲れなどなど溜まっていたのでしょう。
21時ころ布団に入り、目が覚めたら朝の9時半でしたw
いや~よく寝たw

おかげですっかり元気です。
授業中、めまいがする瞬間があったのだけど、気のせいだろう
ということにしておく。

なぜなら12月からはさらに忙しいのだ。
いよいよ受験シーズン到来だ。
講師にとっては生きるか死ぬかの真剣勝負!
って思っている若手はきっといないのが悲しい。

一生懸命やる先生は年を追うごとに減っているね。
そういう時代なのだろう。
それに合わせて、生徒の成績も下がっていくのが悲しい。

僕はもし子供がいても、大手の塾には絶対に通わせない。
良い講師はどんどん減るだろうから。

それでもせめて自分のいる教室だけでもなんとかしたいと思う
今日この頃。
しかし、教室長でさえもこちらがスタッフの質を上げるべくいろいろ
うったえても、まぁまぁしょうがないじゃんと、忙しさに追われ流される始末。
もうだめだね。早いところ次の働き口を探さねばね。


ランキング参加中です。クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ





ブログトップへ